ESDの活動

ESDの活動

【高2】中2生とESD課題研究合同発表会を開催!

令和3年3月17日(水)の③・④限目に,
高校2年普通科の生徒たちが,中学校2年生とともに,
合同のESD課題研究合同発表会を開催しました。

テーマは主に以下の4つです。
1.人権・教育・政治経済
2.健康・医療
3.国際理解
4.環境・エネルギー・技術

さらにそれぞれのテーマが関連するSDGs番号のカードを
模造紙に貼り,それぞれの視点から研究,発表を行いました。


どのようにすれば聴衆を引きつけ,説得力を持たせられるか,
各班で工夫してプレゼンする姿が見られました。
 
 
 
 
熱意のこもったプレゼンの後には,
中高の枠を越えて,積極的な質疑応答が行われました。



コロナ禍で学校再開が遅くなりましたが,限られた時間内で,
各班素晴らしい研究・資料作成・発表ができたと思います。

この取り組みの成果を次年度の進路実現にも
つなげていきたいと考えています。

SDGs講演会

高校1年生を対象にzoomによる「SDGs出前講義」が行われました。

講師:加渡いづみ先生
テーマ:「持続可能な地域作りのためにできること」

来年度に行うSDGsの学習に繋がるお話を聞かせていただきました。

11/23全国中高一貫教育大会(公開授業1年生)



午前中は全学年で公開授業を行いました。

 


高校1年生はディベートチャンピオンシップ予選を各教室で行いました。

第1回戦,第2回戦(予選)のテーマは,
「日本は移民を積極的に受け入れるべきである」
第3回戦(決勝)のテーマは,
「これから住むなら都会よりも田舎がいい」を設定し,
それぞれ肯定・否定に分かれて激論を交わしました。

  

  
                        
  

  

  

どのチームも,資料やエビデンスカードを使って
自分たちの論に説得力を持たせながら,積極的に意見を交わしていました。

今回クラス代表となったチームは,
12/13(金)に開かれるクラス対抗戦に出場します。

「SDGs」の画像検索結果    「SDGs10」の画像検索結果    「SDGs11」の画像検索結果

11/23全国中高一貫教育大会(開会行事)


11月23日(土)9時30分から本校で全国中高一貫教育研究大会を開催しました。
中高一貫教育の一層の充実・活性化を目的に全国の教員約100名が集まりました。
PTA役員の皆様にも多数参加いただきました。ありがとうございました。

開会行事では、学校長挨拶、徳島県教育委員会教育長挨拶、本校の取組紹介などを行いました。

    
    


 

外務省高校講座が開催されました。


令和元年11月26日(火)の6,7限目に

外務省高校講座が本校体育館にて開催されました。

講師には外務省英語通訳官としてご活躍されている柏口温子さんをお迎えしました。

今回で2度目のご来校となります。

 

 

柏口さんは,クイズ等を交えながら,生徒たちにわかりやすく

世界の国々の文化や世界情勢,世界における日本の役割,
ご自身の経歴から学ばれたことなどをお話ししてくださいました。

 


 

生徒たちも積極的に参加していました。

そして,放課後には英語研究部と有志の生徒たちが

柏口先生を囲んで座談会を行いました。

 


英語学習に関すること,国際協力に関すること,大学生活に関すること,
外務省でのお仕事に関することなど,質問は途絶えることがなく,
あっという間にお別れの時間となってしまいました。

 

遅くまで生徒たちに向き合って真剣にお話してくださった柏口先生,
本当にありがとうございました。

同郷の高校として今後ますますのご活躍を祈念いたしております。


たくさんの子ども服ありがとうございました。

11月13日(水)に本校中学生,高校生の担当者や希望者が集まって,保護者の皆様や地域の皆様から持ってきていただいた子ども服を段ボール箱に詰める作業を行いました。これは「届けよう,服のチカラ」プロジェクト(ユニクロ・GU主催の子ども服を集めて難民キャンプに送るプロジェクト)の最終段階の作業です。こんなにたくさんの子ども服が集まったのかとびっくりしつつ,みんなで協力しながら子ども服を詰めました。教室いっぱいの生徒が子ども服を全部詰め込んで運び出すのに2時間近くかかりました。生徒からの感想の多くは「こんなにたくさんの子ども服が集まってびっくりした。いろいろ大変なことも多かったけれど,やりがいがあった。難民問題を考えるようになった。」というものでした。7月のユニクロによる出張講義,生徒による計画,チラシ作製,呼びかけ,回収(「近隣のスーパーであるフジグラン様,ビッグ様,阿南市役所様,富岡幼稚園様,富岡小学校様」でも呼びかけ,回収にご協力いただきました。深く感謝いたします。),そして最後の箱詰め作業が終わりました。最終的に約4850着(114Lの段ボール箱で54箱分)の子ども服が集まりました。翌14日(木)に運送会社にお願いして事務局に送っていただきました。ご協力いただいた保護者の皆様,地域の皆様に深く感謝いたします。

   
   

「届けよう,服のチカラ」プロジェクトの出張講義が行われました。

7月11日(木)(16::00~16:50)本校LL教室で,「届けよう,服のチカラ」プロジェクトのための出張講義が行われました。このプロジェクトは,ユニクロ・ジーユーが事務局となり,生徒達が主体となって「子ども服」を集め,これを世界の難民など本当に服を必要としている人たちに送るものです。今年度はユネスコスクールを中心に全国で430校の学校がこのプロジェクトに参加します。講師先生として,ユニクロ徳島沖浜店店長の斉藤良仁氏をお迎えし,本校の中学校生徒会役員,高校1・2年のJRC部員,高校2年生活科学部員,高校1・2年ESD委員及び高校3年希望者の約60名が講義を聴きました。活動の意義や方法について詳しく説明していただき,難民の人たちは,特に子ども服が不足していることがよくわかりました。これを聴いてこのプロジェクトを自分たちで成功させようと意欲が盛り上がりました。集めるものは次のものです。「子ども服(大人用の服は対象外),ユニクロ・ジーユーの服でなくてもOK。サイズは,赤ちゃんの服から160 cmまで。下着以外の服であれば,冬服でも夏服でもOK。(靴下,帽子,小物類などはNG。)※必ず洗濯をしてお持ちください。」生徒や保護者の皆様のご協力よろしくお願いいたします。富東祭の9月6,7,8日に受付に段ボール箱を置いて集めます。
 

第3回ESD講演会が行われました。

6月27日、月曜日7限目に第3回ESD講演会が行われました。「原子力災害と放射線について正しく学ぶ、それと復興に向けて」という演題で、徳島大学医学部保健学科放射線技術科学専攻教授 阪間 稔先生をお招きしてご講演いただきました。
 

放射線がどこにでもあるものだということ、その性質を正しく理解し利用することが大切であること。そのために学習することが必須であることを伝えてくださいました。
 
阪間先生、貴重なお話をありがとうございました。

お知らせ

5月10日、火曜日5・6限、体育館において中高合同の「ESD講演会」が行われました。
ESD(持続可能な開発のための教育)について、環境省四国環境パートナーシップオフィス(四国EPO)代表の常川真由美先生に講演をしていただきました。
 
「持続可能な開発目標」学びからアクションへ~世界一大きな授業2016~という演題で、世界が抱える諸問題について地球規模で我々が継続的に学ぶことの必要性をわかりやすくご講演いただきました。