徳島県立富岡東高等学校
 

ESDの活動

ESDの活動 >> 記事詳細

2019/02/19

中2高2ESD課題研究合同発表会

| by:企画マルチメディア課長(企画)
2月19日(火)午後,「中2高2ESD課題研究合同発表会」が開催されました。参加したのは中学2年生80名,高校2年生(普通科)160名。ESDや自分の進路・興味と関連させて,調べたり,アンケートをとったり,実験した結果を体育館で発表しました。ポスター発表を中心とし,発表数は中学校20件,高校59件の計79件。その内,高校の9件は口頭発表を行いました。テーマは「A 人権・教育・政治経済」,「B 国際理解」,「C 健康・医療」,「D 環境・エネルギー・防災」の4分野に分かれて発表しました。この活動は中高連携の活動の一つでもあります。調査研究時間が十分にとれず,内容的には不十分な点もありますが,自分たちで調べた結果を発表したり,他の班の発表を聴いたことは,改めてESDや進路を考えるきっかけとなり,よい経験になったと思われます。





20:00 | 投票する | 投票数(0)

お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

第3回ESD講演会が行われました。

6月27日、月曜日7限目に第3回ESD講演会が行われました。「原子力災害と放射線について正しく学ぶ、それと復興に向けて」という演題で、徳島大学医学部保健学科放射線技術科学専攻教授 阪間 稔先生をお招きしてご講演いただきました。


放射線がどこにでもあるものだということ、その性質を正しく理解し利用することが大切であること。そのために学習することが必須であることを伝えてくださいました。

阪間先生、貴重なお話をありがとうございました。
 

お知らせ

5月10日、火曜日5・6限、体育館において中高合同の「ESD講演会」が行われました。
ESD(持続可能な開発のための教育)について、環境省四国環境パートナーシップオフィス(四国EPO)代表の常川真由美先生に講演をしていただきました。

「持続可能な開発目標」学びからアクションへ~世界一大きな授業2016~という演題で、世界が抱える諸問題について地球規模で我々が継続的に学ぶことの必要性をわかりやすくご講演いただきました。