徳島県立富岡東高等学校
 

ESDの活動

ESDの活動 >> 記事詳細

2018/12/14

サイエンスダイアログが開催されました。

| by:企画マルチメディア課長(企画)

平成30年12月14日(金)の⑤,⑥限目に

本校LL教室にて,「サイエンスダイアログ」が開催されました。

「サイエンスダイアログ」とは,日本学術振興会のフェローシップ制度により来日し,

各地の大学・研究機関で研究している外国人研究者を高校に講師として招き,

自身の研究や出身国に関する講義を英語で行うことで,生徒の研究への関心や

国際性への理解を深めることを目的としている取り組みです。


講師には,岡山大学の資源植物科学研究所で「ヤドカリウイルスの新奇生活スタイル(宿借性)の

証明」を研究されている,Subha DASさんをお迎えしました。




さまざまな微生物やバクテリア,菌の説明をしてくださったり,

出身国のインドについて,本当に盛りだくさんの内容でお話いただきました。

生徒たちもメモを取りながら熱心に聞き入っていました。

講義はすべて英語で行われ,Subhaさんから「理系研究には英語が必須である」ということを

教えていただき,生徒たちも英語習得に向けての意欲がさらに増したようでした。





Subhaさん,講義に同行してくださった佐藤有希代さん,本当にありがとうございました。


16:23 | 投票する | 投票数(2)

お知らせ

この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。

第3回ESD講演会が行われました。

6月27日、月曜日7限目に第3回ESD講演会が行われました。「原子力災害と放射線について正しく学ぶ、それと復興に向けて」という演題で、徳島大学医学部保健学科放射線技術科学専攻教授 阪間 稔先生をお招きしてご講演いただきました。


放射線がどこにでもあるものだということ、その性質を正しく理解し利用することが大切であること。そのために学習することが必須であることを伝えてくださいました。

阪間先生、貴重なお話をありがとうございました。
 

お知らせ

5月10日、火曜日5・6限、体育館において中高合同の「ESD講演会」が行われました。
ESD(持続可能な開発のための教育)について、環境省四国環境パートナーシップオフィス(四国EPO)代表の常川真由美先生に講演をしていただきました。

「持続可能な開発目標」学びからアクションへ~世界一大きな授業2016~という演題で、世界が抱える諸問題について地球規模で我々が継続的に学ぶことの必要性をわかりやすくご講演いただきました。