徳島県立富岡東高等学校
 

気象警報発令時

気象警報発令時における生徒の登下校について

気象警報発令時の登下校については、本校では次のようにしておりますので、よろしくお願い申し上げます。


Ⅰ 生徒登校前

(1)高校生については,午前7時の時点で「暴風警報」が発令されている場合,
   また,大雨に関する「特別警報」の発令(発令前の見込報道がされた場合も含む)
   がされた場合は,危険を避けるため登校を見合わせ,自宅で待機する。
   中学生については,午前7時の時点で「暴風警報」・「大雨警報」・「洪水警報」の
   いずれかが発令されている場合,登校を見合わせて自宅で待機する。

(2)午前10時になっても(1)の警報が発令されているときは,
      学校は臨時休校とする。(※中学校のみ臨時休校となる場合もあります)

(3)午前10時までに,発令されていた(1)の警報が解除され,かつ公共交通機関が
   運行の見通しとなった場合は,原則として午後から授業を始める。生徒は安全な方法で登校する。

(4)(1)の警報以外の警報,および注意報が発令されているときは,安全な方法で登校する。
   ただし,居住地域に上記の警報が発令されている場合や,安全確保が難しいと判断される場合は,
     無理な登校を控え,担任にその旨を申し出ること。この場合,遅刻や欠席として扱わない。


Ⅱ 生徒登校後

(1)生徒の登校後,暴風警報等が発令された場合は,状況を判断し,下校が必要な生徒については
   速やかに下校させる。下校困難,あるいは学校がより安全なときは学校で待機させることもある。

(2)公共交通機関(JR・バス)が不通となることもあるので,下校方法・手段を保護者と相談しておくこと。
      また,連絡が取れるように配慮しておくこと。