徳島県立富岡東高等学校
 

校章


校章

 昭和24年、徳島県富岡東高等学校発足の年に制定された。唐梅の真中に「高」の字を配してデザインしたものである。
 唐梅は蝋梅ともいう。阿波藩蜂須賀氏が、阿波商船を海賊船と区別するための標識として用いたという由来があり、「正義」の象徴とされている。