徳島県立富岡東高等学校
 

教育目標・学校経営方針

平成28年度 富岡東教育目標・学校経営方針

徳島県教育の基本目標
とくしまの教育力を結集し、未来を創造する、たくましい人づくり
~県民とともに考え、ともに育むオンリーワン教育の実現~



本校の教育目標

教育基本法の精神に則り,個人の尊厳と人権を尊重し,校訓「自主・協同・研学」の精神をふまえ,
人間性豊かな生徒を育てるとともに,日本及び国際社会の一員としての自覚に立ち,創造性に富む
たくましい人間の育成をめざす。


本校の学校経営方針

校訓「自主・協同・研学」の精神に則った教育の実現

ア 自立の精神に充ち,何事にも率先して行動できる力を備えた生徒の育成  「自主」

イ 人権を尊重し,個性や多様性を相互に認め合い,豊かな心を備えた地域社会を始め
 国際社会に貢献できる生徒の育成  「協同」

ウ 自ら真理を探究し,勤勉を尊び,常に向上心を持ち,確かな学力を身につけた生徒の育成  「研学」

  

本年度の重点目標

ア 学習指導の充実向上と進路指導の充実

(ア) 指導内容を精選し,基礎基本の確実な定着を図るために,指導方法の工夫改善を徹底する。
(イ) 学校行事等を精選し,授業時数の確保に努めるとともに,よくわかる授業展開を図り,学習意欲を高め,確かな学力の向上に努める。
(ウ) 自らの課題を発見する力をつけ,主体的に取り組み,自ら考え行動し,解決できる資質や能力を育成する。
(エ) 進路相談を充実し,個々の生徒に応じた支援をするとともに,集団の一員としての社会的適応力や職業観を培い,生徒一人一人の進路実現を図る。

イ 中高一貫教育の推進

 中高教職員のより緊密な連携のもとに,よりよいシラバスの作成や指導方法の工夫改善に取り組み,6年間の計画的・継続的な指導を行うなか,生徒の個性や能力を伸長させる。


ウ 人権尊重の意識・態度を育む「心の教育」の推進

(ア)「徳島県人権教育推進方針」に基づき,学校・家庭・地域社会との連携を深め,”あわ”人権学習ハンドブック等を適切に活用し,豊かな人間性を身につけさせ,さまざまな人権問題の解決のため,主体的に取り組む能力・実践力の育成に努める。


エ 豊かな心を育む生徒指導

(ア) 教育の全領域において,あいさつ・マナー等の基本的生活習慣を身につけさせるよう努める。
(イ) 行動・学習面で教育的支援が必要な生徒を学校全体で支えていく体制を確立し,特別支援教育を推進する。
(ウ) 全教職員の共通理解を図り,家庭・地域・関係諸機関との連携に努める。


オ 特別活動の充実

(ア) 部活動や生徒会活動等において,生徒の自主的活動の育成を図るとともに,活力あふれる学校づくりに努める。
(イ) ボランティア活動をとおして,人間としてのよりよい生き方・在り方を追求する。
(ウ) 教師と生徒,生徒相互の温かい人間関係を育て,生き生きとしたしかも調和のとれた人間性や自主性・社会性等の伸長を図る。


カ 心身ともに健康・安全をめざす環境教育・安全教育,食育を推進する。

(ア) 心身の健康管理と正しい食生活等,健康増進の積極的指導を推進する。
(イ) 環境問題への意識高揚と校内環境の美化に努めるとともに,安全教育を徹底して事故防止に努める。


キ 家庭・地域社会と連携を深め,「開かれた学校づくり」を推進する。

(ア) 年間計画・学校行事等の情報をホームページで発信する等,情報公開に努めるとともに,PTA・同窓会・地域社会と連携して一体となって生徒を育む環境をつくる。
(イ) 学校評価制度や学校評議員制度の活用等で学校の活性化に努める。


ク 教職員の資質向上

(ア) 教職員が自発的・積極的に校内・校外の研修に参加し,自己研鑽に励むことによって,生徒が意欲的に取り組む授業を創造するとともに,授業と家庭学習,定期テストと課題テスト等を効果的に関連させることによって,確かな学力を育成する。


ケ 伝統を受け継ぐさわやかな校風

(ア) 文武両道を遂行し,礼儀正しく「さわやかで活力あふれる富東」の精神を高める。
(イ) 部活動を通じて,強固な意志を持ってたくましく生きる精神力と心豊かな人間性を育成する。
(ウ) 地域社会の期待に応えるとともに,清潔な環境の中で,心のふれあう校風を樹立する。